株式会社と比べた合同会社のメリット

ホーム / 株式会社について / 株式会社と比べた合同会社のメリット

会社設立

独立・開業の形態として株式会社やフリーランスだけではなくて、近年は合同会社という形態も急増しています。
ただ、比較的知名度が低いことから合同会社とは何なのか、株式会社やフリーランスと比較してどのようなメリットがあるのかなど、疑問に感じる方も少なくないです。
2006年の会社法の改正により新たに設立可能になった会社形態が合同会社で、一般的にはLLCと呼ばれて中小企業に向いた会社形態とされています。
出資者となる社員には、その出資金額の範囲でのみ責任を負う形式の間接有限責任が取られますが、社員は1人1票の議決権があるのです。
また、出資比率に関係なく利益配分について定款で自由に定めることもできます。

株式会社と比較した合同会社のメリットは、会社設立登記に必要な書類が少ないので速く簡単に設立できる点です。
また、最小で登録免許税の6万円のみで設立することも可能で、株式会社の場合のように登録免許税が15万円、定款承認に5万円などといった費用がかからないので安く設立できます。
決算公告義務がないので官報掲載費の6万円がかかりませんし、役員の任期がないため重任登記が必要ないのです。
株式会社の場合は、役員の任期が切れる度に重任登記で1万円かかることを考えると、合同会社はランニングコストが安く手続きなども簡単というメリットがあります。
それから、先にも触れましたが合同会社では利益の配分を出資比率に関係なく社員間で自由に決めることが可能ですし、株主総会も必要ないので迅速・簡単に経営上の意思決定が実施できるのです。
定款で規定できることも自由度が高いために経営の自由度が株式会社と比較して高いと言えます。

一方フリーランスと比較した合同会社のメリットは、税務的には株式会社と同じなのでフリーランスよりも経費の範囲が広がる点です。
例えば携帯電話の通信料ですが、フリーランスならプライベートの分と事業用の分を分けなくてはいけませんが、合同会社で法人名義ならすべてが経費として認められます。
またフリーランスと違って社債を発行することが可能なので、資金調達の手段も広いと言ったメリットがあるのです。
それから株式会社と同様に法人になるので、先にも触れましたが社員は出資の範囲内で有限責任を負うことは、フリーランスと比較してメリットになると言えます。
最後に合同会社という会社形態で独立して、その後事業が拡大したので株式会社に移行したい場合に約10万円程度の費用で株式会社に変更できるというメリットもあるのです。
これは、まずは合同会社でスタートするという選択肢を検討する大きな要因になります。