株式会社は資金調達しやすい

ホーム / 株式会社について / 株式会社は資金調達しやすい

株式会社を設立するメリットとしてよくあがるのが「資金調達がしやすい」という点です。
資金調達は事業をするうえで非常に重要になりますが、もっとも苦労するところでもあるので、経営者なら誰もが一度は頭を悩ませた経験があるはずです。

それではなぜ株式会社は資金調達がしやすいのかと言うと、もっとも大きいのは株式を買ってもらうことができるからです。
株式を買ってもらえればその分だけ会社の運営資金に回すことができるので、買ってくれる人が増えれば増えるほど会社を成長させられる可能性は広がりますし、いろいろなチャレンジができます。
また、株式市場へ上場することができれば、常に多くの目を集められますから知名度も大幅にアップさせられるため、より株式を買ってくれる人を増やすことにも繋がります。

株を買ってくれる人のことを株主と呼びますが、株主はただ会社の株を買うだけではなく、利益が出たときには配当金という形で還元してあげなければいけません。
つまり配当金が多い企業ほど人気も高くなりますし、それが成功している企業の証明にもなりますので、集めた資金でしっかり経営を安定させられるようにするのが会社側のつとめでもあります。

株式を公開できるのは株式会社のみで個人事業はもちろん、合同会社やその他の会社形態では株式の公開はできません。
つまりこれは株式会社のみができる資金調達方法なのです。

そのほかにも一般的な資金調達の手段として、銀行からの融資を受けたり、国や自治体の補助金・助成金制度を利用することも可能です。
ただし補助金や助成金は条件を満たしていなければいけないので、申請する前に自分の会社が条件に合っているかチェックしておかなければなりません。
加えて後払いになるものもあるので注意しておきましょう。
まずは会社設立にあたっていくら資金が必要になるのか明確にして、それに応じて資金調達の手段を模索し、最善の方法で資金調達をしていきましょう。