会社設立が簡単!合同会社とは?

ホーム / 株式会社について / 会社設立が簡単!合同会社とは?

会社設立

・会社設立!株式会社と合同会社
会社設立をする時に株式会社か合同会社か、というように会社形態を選ぶことになります。
株式会社はよく知られている会社なのですが、合同会社とはどのような会社なのでしょうか?
今回はその合同会社について、詳しく説明したいと思います。

・合同会社の特徴
合同会社は、出資者と経営者が同一である会社のことを言います。
株式会社のように、出資者と経営者が別々で起業をすることができるとは、少し違った形態になります。
日本ではあまり馴染みのない合同会社ですが、 比較的運営しやすい会社形態になりますので、事業規模が比較的コンパクトな会社を設立する時に便利な法人設立制度だと言えます。

・株式会社より合同会社にするメリット
合同会社にするメリットは、株式会社と比べて設立費用が安く済むという点が挙げられます。
株式会社の法人登記にかかる費用はだいたい25万円以上なのですが、合同会社の場合だと10万円から15万円と安く法人設立をすることができます。
また決算公告に関しても、合同会社は公告する義務がありませんので非常に楽です。
それと比較して株式会社は、決算公告が義務とされていますので、官報で掲載する場合は6万円かかります。
インターネット上で電子公告をする場合は、掲載が無料なのですが、調査手続きに手間がかかってしまいます。
そういった手間がかからないのが合同会社のいいところです。

・合同会社にするデメリット
合同会社で会社設立をするデメリットは、「信用度」が少ないという点です。
法人化する上での最大の利点としては、社会的信用度が高まるという点にあるのですが、日本での合同会社の知名度はあまり高くありません。
商号には、前か後ろに「合同会社」とつけなければならず、株式会社と比較すると少々見舞いに難点があるというのが現実でしょう。
ただ法人には変わりはありませんので、税制メリットは株式会社と同じように享受することができます。

・個人事業から法人成りをする時の注意点
今現在個人事業をしている人は、どのタイミングで法人成りをすればベストなのでしょう?
また法人成りをする際の注意点は何なのでしょうか?

法人成りをするベストのタイミングは、資本金がある程度集まったタイミングです。
資本金は会社の体力ですので、これが十分確保できるのであれば、節税メリットの高い法人にしたほうが有利です。
法人成りする時の注意点は、法人税が新たに課税されるようになるということです。
それを見越した上で、商品やサービスの価格設定等を考えていかなければなりませんので、十分に検討した上で法人設立を行うべきでしょう。