社会的な信頼性の高さがメリット

ホーム / 株式会社について / 社会的な信頼性の高さがメリット

これから会社設立をしたいという人はまず会社形態をどうするか決めると思いますが、会社設立と言えばほとんどの人が株式会社を思い浮かべるのではないでしょうか?
日本の企業はほとんどが株式会社ですから、株式会社を設立するための情報収集もしやすく、インターネット上で検索すればたくさんの情報がヒットしますし関連書籍も書店にいけばたくさん並んでいます。
ですから、まず第一の選択肢になることは間違いありませんし、それに見合うだけのメリットもあります。

株式会社を設立する最大のメリットと言えば「社会的な信頼性の高さ」で、これはほかの会社形態や個人事業主と比べれば大きな差があります。
実際に個人事業主から株式会社を設立した人に話を聞いてみると、取引の幅が非常に広くなったと答えている人が多いですし、その要因は株式会社になったことによって得られた信頼性だと答えています。

それではなぜ株式会社は社会的に信頼性が高いのかと言うと、まずは知名度の高さが圧倒的に高いことがあげられます。
先ほどもお伝えしたように日本の企業はほとんどが株式会社なので、会社=株式会社とイメージする人がほとんどです。
取引する企業側も当然株式会社がメインになるでしょうし、相手も株式会社が来るものだと思っているケースが多いはずです。
それだけ日本のビジネスシーンには浸透している会社形態ですし、近年合同会社が増えてきているとは言え、まだまだ知名度は低く合同会社と聞くとどんなところなのか疑ってしまう企業も少なくありません。

また、株式会社は株式を公開することができるため、会社として成長できる可能性が高いです。
株式を買ってくれる人が増えればそれだけ会社の運営資金も集まってきますし、会社が成長すれば取引先にもメリットが生まれますので長い付き合いをしたいと思うはずです。
このように株式会社の社会的な信頼性の高さは大きなメリットであり、ほかの会社形態では真似できないことなのです。